フィジークのサドルの特集です。fizikの代表作であるアリオネやアリアンテなど豊富なラインナップご紹介しています。自転車通販ごっつプライス。

5000円以上送料無料

カテゴリ早見表

フィジークは1956年に設立したセラロイヤル社のハイエンドモデル・ブランド。

セラロイヤルは自転車のサドルの製造において、市場を代表する存在で毎年1400万個のサドルを製造し、その中にフィジークサドルも多数含まれています。 生産されたサドルのの約95%は世界30カ国以上に輸出されています。 ドイツで、セラロイヤルは約60%の市場シェアを持っています。

大ヒットサドルアリオネなど個性豊かなモデルを世に送り出す。

フィジーク(fizik)では、目覚しいヒットモデルの「アリオネ」快適性を重視した「アリアンテ」など個性あるラインナップがたくさんあります。フィジーク(fizik)の最新モデルのアンタレスは「アリオネ」と「アリアンテ」の中間でライトウェイトのサドル中で、他社ブランドに比べ、約3倍のパッド量、7平方センチメートルも広い面積、3.6倍以上も優れたパッド量/重量比、先端部分のパッド厚も3倍以上、など多くの長所をがあります。

fizikのサドルを選ぶ時の基準アニマルタイプ

ィジークのアニマルタイプとは、サドルを選ぶ時の基準となる体の柔らかさを動物の名前に見立てた指標の事です。 前屈をして違和感無く指が足のつま先までのどの部分に触れるかで測定します。 アニマルタイプは、体が柔らかい順に「スネーク」「カメレオン」「ブル」の3種類で分類されています。 これを試し、そしてサドルを選択することをおすすめします。

フィジーク(fizik)のサドル一覧

RONDINEロンディネ

コストパフォーマンスに優れ、人気レーシングサドル"ARIONE"のデザインコンセプトを継承

ロードレーサーにも似合うスリークなデザインのコンフォート・サドルRONDINE(ロンディネ)。 RONDINEは人気レーシングサドル"ARIONE"のデザインコンセプトを継承し、ロードレーサーに乗り始めて間もない方や、通勤で使用している方にお勧め。 脚の回転を妨げない"WingFlexデザイン"や厚みを増したパッド、ICSクリップシステムにも対応、レーシーな雰囲気は損なわず快適な乗り心地を実現するサドルです。

MONTE

海外では専門誌が発行されるほど近年盛り上がりを見せ、新ジャンルのレースが「エンデューロ」です。

海外では専門誌が発行されるほど近年盛り上がりを見せ、日本でもシリーズ戦で開催されている新ジャンルのレースが「エンデューロ」です。 サドル後方にしなりを持たせるテイルフレックス機能で快適性の向上と、リプレース可能なレールを採用、レースからシティまで幅広く使えるサドルです

ARIONEアリオネ

走りを重視するならばアリオネ。

アリオネはフィジークを象徴する名作サドルです。足を回転させやすく、 シッティング・ダンシングの切り替えが楽にに感じます。 長いフォルムなので、様々な位置にシッティングポジションを変更できます走りを重視する レースに向いていると思われる。アリオネのアニマルタイプはスネークで 体の柔らかい人向におすすめのサドルですが、体の堅いライダーからの支持も高い。

ALIANTEアリアンテ

快適さを重視するならばアリアンテ。

1999年の発売以来、マイナーチェンジを重ねてコアなサイクリストから「名作」の評価を得てきた『アリアンテ』。 最新 テクノロジーをまとって遂にフルモデルチェンジとなりますが、「ソファのような座り心地」をもたらすサドルトップ形状は R&Dを重ねた結果、変更の余地無しとなり、ほぼ従来と変わりません。 ロングセラーだけあって、初代から完成され たフォルムを持っていたと改めて感じさせます。

ANTARESアンタレス

アリオネとアリアンテという対極するサドルの中間モデル

アンタレスは、アリオネとアリアンテという対極するサドルの中間にあたるモデルで、二つのモデルから様々なポテンシャルを継承しています。アンタレスは、アリアンテの形状を受け継いだ大きなサドル面積を持っている。フィジークによると、従来の形状のサドルよりも15%の面積アップに成功。アンタレスは、快適性と軽量性の共存のバランスが一番優れています。 重量は145gと、とても軽量です。

KURVEクーヴァ

衝撃吸収性に優れ、長期間使用による劣化が小さい。

フォームパッドの厚みによる快適さではなく、バイクパンツの延長のようなフィット感により、いつまでも快適なサドルを実現する『RE:Flex』コンセプトを採用、ベースは柔軟な「しなり」によって足の動きを妨げないWING FLEX、圧迫を軽減するために部位により接触圧を変化させた多重構造の『TWIN FLEX』を備えた3枚の樹脂素材シェル、それにごく薄いフォームパッドを圧着させています。 このベースと『メビウスレール』とよぶ∞型を描いた一体成型レールはハンモックのような構造で、先端のパーツによってレールと固定されます。このパーツは『TUNER』と呼び2種類のピースが用意され、テンションをかける「ハード」と「ソフト」の2パターンの調整が可能です。

THARタール

29インチホィールを持つマウンテンバイク向けに開発された世界で唯一のサドルTHAR(タール)。

29インチホィールのMTBはホィールベースが長く、シートチューブ角が少し寝ているため、従来のサドルを装着すると後ろ寄 りになってしまう問題があり、フィジークはこの問題点を解決するためにTHARを開発しました。  THARは、テール付近までレールを延長する事により従来のサドルよりサドルいちを25mmも前にセットすることが可能になっています。  そして、フラット&ロングなデザインになっており、ライダーは状況に応じて体重移動をスムーズに行う事が可能です。  またノーズ部分には「チューナー」と呼ばれるテンショナーが装着されており、このテンショナーを取り 替えることにより好みの硬さにサドルトップの張り具合いを調節できるようになっています。テンショナーはソフトとハードの2 種類が付属しています。 レールは取外し可能なので激しいライディングでクラッシュしてレールを痛めてしまった場合でも交換する事ができます。

VITESSEヴィテッセ

豊かなクッション性で女性サイクリストの快適性を実現

2012モデルからのサドルにはいくつか"グミーブラック"というカラーが新登場しました。 素材としては既存のモデルと同じマイクロテックスですが、表面仕上げが異なります。 通常のマイクロテックス表皮よりもサラッとした手触りで、マットな質感です。
※Gummyとはお菓子の"グミ"のことで、粉砂糖をまぶしたグミに質感が似ていることから名付けられました。 ICS対応モデル

TUNDRAツンドラ

アリオネをベースに改良を加えた、本格派XCレーシングサドル。

アリオネをベースに改良を加えた、本格派XCレーシングサドル高性能と快適性そして重量の最適なバランスが取れたサドルです。 前後のポジション移動が容易にできシッティングポジションの自由度を高めるフラットロングトップ。 カーボンシェルとカーボンレールで軽量に仕上ながら、十分なパッド量と広い面積で体重を受けとめる事により局部への圧迫感を分散し痺れなどを防ぎます。

GOBIゴビ

MTBマラソンから海外で人気急上昇中のエンデューロまで対応するサドル。

しっかりお尻をホールドする広い横幅をもちながらも、内腿の動きを妨げずペダリングパワーを最大限に伝達できるようにカットされたウイングフレックスシェルデザイン。 路面からの衝撃を効果的に吸収するテールフレックス。

TRITONEトライトーン

サドル先端部の幅が5.5cmタイプでフィジーク初のノーズレスサドル。

RITONE(トライトーン)は最新テクノロジーから生まれた荷重分散に優れるパッドに「チャンネル(溝)・デザイン」を施して快適性とパフォーマンスの向上を図った、軽量なフィジーク初のノーズレスサドル。 前後にポジション出しがしやすいロングレールアジャスタビリティを備え、サドル長はUCIレギュレーションに適合する24cmとトライアスロンだけでなくロードTTにも使用可能。 サドル先端にはトランジションフック、後端にはボトルケージ2個が装着可能な取り外し式のステー、CO2カートリッジ1個とアダプターの固定穴を備えます。

ARESアレス

ヨーロッパのプロロード選手の要望に応えたスペシャルなタイムトライアル用サドル

プロ選手の要望に応えてフィジークがツール・ド・フランスでのTTポジションでの使用を想定し開発を進めてきたTT(タイムトライアル)用サドルです。UCI規定をクリアするため先端をカットしています。『ANTARES』と比較して130%のパッド厚を確保したプロフェッショナル用TTスペックで、ヨーロッパのプロロードシーンにおける、リアルな選手の要望に応えたスペシャルサドルです。

VESTAヴェスタ

豊かなクッション性で女性サイクリストの快適性を実現。

GE1とGE1スリムは周長が約6mmの差異があり、繊細なフィーリングを求めるライダーのニーズに応えたグリップです。 前後を貫くセンターに配置した大きな溝を設けた女性専用デザイン。 溝を設けることにより圧力を最適に分散しながら豊かなクッション性と女性の骨盤形状に合わせた大きな接触面積で快適性を実現。

VOLTAヴォルタ

過去の名作サドルに共通する「ラウンドシェイプ」を最新技術によって蘇らせたサドル

これまでサドル形状とは長さ、幅、上面形状(フラットやカーブ)の3つのディメンションで考えられてきましたが、ヴォルタが新たに着目したのは4つめのディメンション、断面形状なのです。フィジークの提唱する柔軟性に応じたサドル選び「スパインコンセプト」でいえばヴォルタはアリオネとほとんど同じフラットな上面形状を備え「スネーク」に分類されますが、断面形状は全く異なる、「ラウンドシェイプ」を備えます。

フィジークサドル一覧

フィジーク INFO