ホイールの最高峰であるカンパニョーロ(CAMPAGNOLO)のBoraが新しいクリンチャーを リリース!その名はULTRAとONE。自転車通販ごっつプライス。

compagnolonews

カンパニョーロは、トゥーリョ・カンパニョーロ(英語版)(伊: Tullio Campagnolo , 1901年8月26日 - 1983年2月1日)が創業したイタリアの自転車部品専業メーカーであり、ロードレーサー用の部品においては日本のシマノ、アメリカのSRAMとともに市場を寡占している大手である。 Campagnolo は英語圏においては campy と呼ばれていることが多い。 コンポーネントのブランド名に一部英語名が使われているが、record(レコルド)の単語はイタリア語にも存在しています。

カンパニョーロマーク

新しいBORAのクリンチャーULTRAとONE

ULTRAはレースで最も数多くの勝利を挙げたホイールの最高峰。ベアリングにはCULTを使用し多くの人を魅了してきました。
ONEはカーボンリムはULTRAと同等の物を使用。そしてカーボンハブではなくアルミハブを採用し標準のベアリングを搭載することにより驚きのコストパフォーマンスを実現しました。

BORA ULTRA

カンパニョーロは 2015 ボーラ・ファミリーのリリースに引き続き、ライダーの大きな要望に応え、パフォーマンス・ホイール・ラインの最新モデルを発表します。 カンパニョーロのボーラをここであらためて紹介する必要はないでしょう。すべてのライダーがその優れた性能を知っているはずです。プロフェッショナル・レースで最も数多くの勝利を挙げたホイールのひとつであり、決戦ホイールとして多くの人の羨望を集めてきたボーラ。そのボーラが性能、信頼性、機能の面で、さらに大きな進化を遂げました。

これまでのボーラは、最初期モデルから継続モデルまで、すべてがチューブラー・バージョンでした。チューブラー・ホイールはプロフェッショナル・ライダーにとって信頼できる選択肢である一方、サポート・カーが後ろにいない一般のライダーにとっては、クリンチャー・ホイールよりも少し使いにくい部分がありました。しかし、カンパニョーロのエンジニアたちは地道な努力を積み重ね、ついにボーラのクリンチャー・バージョンを世に送り出したのです。これからはもうタイヤの心配をすることなく、ボーラ・ファミリーのパフォーマンスを享受することができます。

カンパニョーロ bora ultra
BORA one

35 mm と 50 mm、2 つのプロファイルを持ったクリンチャー・バージョンが加わり、カーボン・ホイールの卓越したパフォーマンスを自由に選択することができます。ハイペロン、ボーラ 35、ボーラ 50 で、ロード・レース用リム・プロファイルの大きなシェアを獲得していますが、クリンチャー・タイヤの安定した性能も大きな選択肢のひとつになりました。新しいボーラ 35 とボーラ 50 は、クリンチャー、チューブラーともに C 17 のワイド・リムを採用しています。徐々に人気が高まっている大きな径のタイヤを装着することができ、エアロダイナミクスの恩恵を受けることができます。

24 mm のワイド・リムは剛性が大きく向上し、ロードでの走行性能はさらにアップしました。 リムのブレーキ面には 3 Diamant テクノロジーを採用し、ウエット・コンディションでもドライ・コンディションでも、プ レーキ性能は大きく進化しました。3 Diamant のブレーキ面は、カーボン・ホイールでありながら、アルミ・ホイールと同 等の確実な制動力を発揮します。ボーラ・ウルトラ、ボーラ One ともに、35 mm と 50 mm の プロファイルが用意され、ライディング・スタイル、走行条件、予算に応じたモデルが選択できます。

カンパニョーロ bora
BORA ギア

ボーラのニュー・バージョンは、前モデルと同様の他にはない圧倒的なレーシング・パフォーマンスを継承し、さら にクリンチャー・ホイールのオールマイティーさを手に入れました。もうタイヤの選択に迷う必要はありません。選 択するのは勝利か敗北です。 カンパニョーロ ボーラ - 答えは明白です。

BORA ULTRA

レースで最も数多くの勝利を挙げたホイールの最高峰。ベアリングにはCULTを使用

ULTRA 35 ダークラベル

ULTRA 35

ULTRA 50 ダークラベル

ULTRA 50

BORA ONE

カーボンリムはULTRAと同等の物を使用。そしてカーボンハブではなくアルミハブを採用し標準のベアリングを搭載することにより驚きのコストパフォーマンスを実現しました。

ONE 35 ダークラベル

ONE 35

ONE 50 ダークラベル

ONE 50

TOP